SBRNとは?

ワシントン州日米協会の新しいプログラムであるSBRNは、日本人移民または日系アメリカ人で小規模企業・個人事業を経営・運営している方を対象とし、アメリカにおいてのよりよい事業の運営を「日本語で」サポートするためのプログラムです。

2020年から始まったCOVID-19の影響によるパンデミックからの経済的な回復のために、連邦政府、州政府から多くの支援事業が提供されております。しかし、英語が母国語でない事業の経営者にとって有益な情報を取り逃すケースが多くあるようです。 そのようなディスアドバンテージをサポートするために、私たち日米協会はワシントン州商務省とWashington Sate Small Business Recovery Working Groupとのパートナーシップに基づき、このサイトを通じて多言語サポートの一環として日本語でのサポート情報の提供をしています。

プログラムは何があるの?

プログラムは主に二つの柱から成り立っています。

①連邦政府・州政府などによる事業支援プログラムの情報のご案内

②事業に必要な基礎知識をプロフェッショナルから日本語で学ぶ 無料オンラインビジネスコース (Small Business Empowerment Academy)

ライブQ&Aによるアフターサポート、自社事業のアピールの機会などの特典も!

詳しくは、下記リンクよりそれぞれのページでご確認ください。

アメリカで事業を運営されている小規模事業・個人事業主の方にお気軽にご活用いただき、COVID-19の影響を最小限に抑え、事業のさらなる発展と地域の他企業との新しいネットワーク構築の一助となれば幸いです。

補助金・支援金の申請など

事業支援プログラムの情報はこちらから

無料オンラインビジネスコース

の情報はこちらから


News